SNSの画像作成

POST TIME: 2016-12-31 | by Venus Photo

VENUSフォトスタジオでは近年増加している、各種SNSサービス用のプロフィール写真やバナーのデザイン修正を行うこともできます。

ここでは各サービスにどんな画像が必要か、簡単にご紹介していきます。

zhaopian-8

YouTube(ユーチューブ)

こちらはグーグルのサービスで、ヘッダー画像を作ることで、チャンネルの画面いっぱいに表示されます。

他のSNSに比べかなり大きい部類で、公式に「2560 X 1440 ピクセルの画像を 1 枚アップロードすることをおすすめします。」とあり、最小サイズ: 2048 X 1152 ピクセル。最大サイズ: 2560 X 423 ピクセル。とされています

パソコンやモバイル端末で表示のされ方が異なりますので、それぞれにあった画像を作成できるのがベストですね。

zhaopian-12

 Twitter(ツイッター)

気軽な「つぶやき」のできるツールとして大人気のSNSですね。

プロフィールとヘッダーそれぞれに画像を入れることが可能です。

プロフィール画像(アイコン)のサイズは、400ピクセル×400ピクセル。

ヘッダー画像のサイズは、1500ピクセル×500ピクセル。

が、推奨されています。

zhaopian-11

Facebook(フェイスブック)

たくさんの友人と繋がり、コミュニティやイベントに招待することもできます。

プロフィール写真とカバー写真を登録することができます。

プロフィール写真は、PCでは160×160ピクセル。iPhoneなどのスマートフォンでは128×128ピクセル。ほとんどのフィーチャーフォンでは36×36ピクセルで表示されるようです。

カバー写真はPCでは幅828ピクセルx高さ315ピクセル。スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセル。フィーチャーフォンでは表示されません。

zhaopian-5

最小でも幅399ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります。

プロフィール写真とカバー写真を、一つの写真のように見せるアーティスティックなプロフィール画面もブームになりましたね。

いかがでしょうか、これ以外にも様々なSNSがありますが、当スタジオで撮影した写真をプロフィールなどに使用したい場合は是非ご相談ください。

venus
来店予約