前撮りってなに?

POST TIME: 2017-01-16 | by Venus Photo

結婚式の前撮りとは?

結婚式とは別の日に写真撮影だけを行うことを、「前撮り」(後撮り)と呼びます。

結婚式・披露宴当日はとっても忙しく、結婚式当日はゆっくり写真を撮る時間がなく、ゲストとの写真撮影ではカメラ目線やふたりの表情がまちまちだったりする場合もあります。

そこで、もっと前の時期にゆっくりと時間を設け、納得いく写真を撮るのが「前撮り」です。

「前撮り」では、結婚式・披露宴では着られない婚礼衣装を着ることができます。

AO8X4477

さらに式を挙げた場所とは違う場所でも撮影でき、スタジオ内や式場内はもちろん、好きな場所や思い出の場所などに出向いて撮影するロケーション撮影も可能です。

このように、「前撮り」では、一生の思い出を納得いくスタイルで残すことが魅力です。

また、式場でのハーサルや衣装合わせを兼ねることもできるので、予行練習としてもオススメです。

フォトスタジオでは、プロのカメラマンさんと直接コミュニケーションしながら写真撮影ができるので、撮影した写真でウェルカムボードや結婚ハガキ・年賀状などを作られる方も多くなってきています。

AO8X4409

前撮りの種類は2パターン!

「前撮り」には、撮影場所の違いで大きく分けて2パターンあります。

外に出て行うロケーション撮影と、写真スタジオの室内で行われるスタジオ撮影です。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、好みに合わせて選びましょう。

前撮りにはどんな種類があるの?

前撮りを撮影する場所は、大きく分けて2種類あります。ロケーション撮影の場合、和装で行うなら庭園や神社など美しい和の風情が漂う場所を選んだり、ドレスなら開放感あふれる緑地や海辺といった好きなロケーションを選ぶことができます。

AO8X4452

◆スタジオ撮影

予定日に確実に撮影をしたいという方や、撮影する日程の天候が不安という方、時間に追われることがなく、ゆったりとふたりらしい撮影がしたいという方にオススメです。

セットや背景が組まれるので、雑誌のようにオシャレな空間の中で撮影することができます。

デメリットとしては決まった背景の中でしか撮影ができないことが挙げられます。

AO8X4434

◆ロケーション撮影

ロケーション撮影の場合、結婚式場内の写真スタジオや提携しているお店であれば、ほとんどが結婚式場のチャペルやガーデンでの撮影が可能。

結婚式場以外なら、お好みの衣装やデザインの仕上がりイメージに合った神社や庭園、海辺や緑地など、明るい自然光の中で撮影することができます。

ただし、場所によっては撮影するのに許可が必要な場合もあるので、依頼したスタジオの撮影可能場所を事前に確認しておくことも大切です。

また、桜や紅葉の季節など人気シーズン中は予約が多くなるので、早めの予約がオススメです。

最後に、天候に左右されてしまう点や、撮影は外になるので、通行している人の目が気になるという人もいらっしゃるので事前確認は必須です。

ともあれ、一生に一度、自分が主役の花嫁姿を美しく残すためにも前撮りはオススメです。

venus
来店予約